本文へスキップ

学生ローン情報サイトの決定版

学生ローンWeb

学生ローンのことなら

学生ローンの疑問点

学生ローンはまだまだ知名度という点では劣ります。したがって、疑問点も多々あると思います。こちらでは、よくある疑問点について解説したいと思います。

疑問点1
学生ローンはなぜ社会人への融資はしないの?

回答
理由としては2つ考えられます。
一つ目は学生は身分上「借りづらい」ので、多重債務者になりにくいという利点がありますが、社会人は「借りやすい」ので、多重債務者になる可能性が高いのです。学生ローンは世間の常識の裏をかいた営業戦略を立てているのです。
もう一つの理由として、大手消費者金融と真正面から勝負しても勝てるわけがありません。そこで、消費者金融と共存共栄を図るため、顧客層を分けていることも考えられます。
理由としては、前者の要素が強いでしょうけれども。


疑問点2
一般の消費者金融ではことごとく融資を断られたのですが、学生ローンでは簡単に借りられました。

回答
疑問点1でも触れましたが、大手消費者金融は学生は融資対象外としている会社が多いのです。しかし、学生でも借りられたという話はよく聞きますが、これは身分証を出す時に学生証は出さずに免許証だけ出すなどすれば、学生と気付かれずに(実際には気付いていても気付かないフリをしている場合もあります。これは立場上、公には学生には融資しないことになっているので、わかならなければ融資しても構わないのです)融資しているだけなのです。
ところが、学生ローンは学生専門なので、大手消費者金融で断られても逆に借りられる場合が多いのです。


疑問点3
学生ローンA社では30万円借りられたのに、B社ではまったく借りられませんでした。

回答
融資の基準はそれぞれ会社によって異なることと、A社ですでに30万円借りたことが影響している可能性があります。
例えば、B社申し込みの際、申し込み金額が50万円だったとします。
A社ともし同日申し込みだったとすると、一日で80万円必要だったことになります。学生さんが一日で80万円もの大金を必要とすること事態が普通ではないので、何かの設け話や詐欺的な話に騙されているのではないか?そうでないとすると一日で80万円という額は、借金病という病気の可能性すらあるのです。いずれにしてもトラブルになる可能性が高いので、学生ローン側は、これを嫌うのです。もし、明確な使用目的と、返済計画に自身があるのであれば、一社あたりの申し込み金額を減らすと借りられやすくなると思います。ただし、あくまでも返済可能な範囲内で抑えましょう。