本文へスキップ

学生ローン情報サイトの決定版

学生ローンWeb

学生ローンのことなら

利用前に確かめること

学生ローンを利用する前に、いくつか確認しておきたいポイントがあります。こちらの頁では、そのチェックポイントをお教え致します。

チェック1・・金利
学生ローンは審査をろくにしないで貸している。

これは当たり前ですよね。ただ、金利についてはほとんど差がありませんので、問題は、年18%以上で貸付を行っている会社ですが、平成20年4月現在では法的な違法性はありません。29.20%を超える場合は無登録業者、いわゆるヤミ金ですので、ぜったいに手を出さないようにしましょう。
参考資料・学生ローンの金利をご覧下さい。

チェック2・・登録番号や営業年数を見る
登録番号と営業年数は、必然的に比例するのですが(社名変更の事由などにより例外もありますが)登録番号とは営業の認可番号です。
これは3年ごとに更新することが義務付けられており、この番号がないとヤミ金ということになります。(ヤミ金対策・ヤミ金の実態学生ローンを参照下さい。)
登録番号の数字が大きければ、それだけ更新回数をこなしているので、必然と営業年数が長いこともわかります。登録番号は学生ローンの安心目安の最大のポイントですので、必ずチェックしましょう。

チェック3・・クーリングオオフやサービス期間が充実しているか

やはり良心的な学生ローンは、システムや契約内容をきちんと把握し、納得した上で学生さんに利用してほしいという気持ちがあるので、クーリングオフのあるなしは重要な要素だと思います。
一度契約したら解約できないという状態では、利用する側からすれば不安でしかたないでしょう。ところがクーリングオフがあれば、一旦家に帰って冷静になってから、じっくり考える時間があるのです。
じっくり考えて、納得できない点があったら解約すれば良いのです。
もちろん、クーリングオフ期間内でしたら利息は掛かりません。
また、サービス期間も重要です。一日でも支払いが遅れたら遅延利息適用では、目もあてられません。

チェック4・・契約書の内容は穴があくほど見る

契約書には細かい字で様々な契約約款が記載されております。
その中には、お客様にはあまり見られたくないような内容もあるものなのです。そういうところをきちんと読んで、意味がわからなければ質問してちゃんと理解しておくようにしましょう。
ろくに読まないで契約書に判を押してしまうと、その契約書の内容を全て認めたことになるので注意が必要です。
学生ローンによっては、都合の悪い内容をわざわざ文字を大きくしたり、色を変えるなどして、わざと目立たせている場合もありますので、逆の見方をすればある意味親切といえるでしょう。

他にもチェックすべきポイントはありますが、概ね上記を押さえれば大丈夫でしょう。チェックする方法は、わざわざ資料を取り寄せたりする必要はありません。各学生ローンのホームページを見れば良いのです。
契約内容などはしっかりと確認して、間違いのない学生ローン選びを心がけましょう。